忍者ブログ

ブログ

わーわー言うてばかり

ゲーム最高でした

だいぶ和らいできました。この歳までには死ぬぞ!というネガティブかつポジティブな目標を立てたことで前向きになってきました。死に場所と死に方を考えると落ち着く。よーし、死ぬために生きるぞ。いえー!!!

人生もういらないなって感じですが、ゲームは楽しかったです!良かったね、私!!!
エンディングを迎えたわけなんですが、非常に強くなりすぎて(武器と防具を自主作成)、サブクエストのドラゴン10体を全部退治してからボスに行ったら、推奨クリアレベルを優に越えたレベルでボス戦だったので秒で終わりました。
我がブルース君が可愛くて可愛くて可愛くて。ほんと顔上手に作れたわぁ。恋人もチョイスして落としたんですが、この恋人がこれまたブルース君に甘くて甘くて、もーー二人とも可愛いかったんですよ。



ゲイが理由で家族と揉めてる高貴な生まれの彼氏様。
恋人になったこともあり、たびたび「あなたを失うのが怖い」ってキレてきたり、止めてきたり、それでもブルース君が世界を救うための時分を犠牲にする選択をしたら好感度下がったりして、ちょっと心配性すぎる温室育ちの欄と呼ばれてる彼氏様。



PR

しんでました

心が!!!体もそこそこ。

一日の三分の一以上をやりたくもない仕事に費やしているということになんかもう悪夢か!!ってなってきました。嘘だろ、こんな悪夢をもう十年も続けているとか、リセットボタンどこっっ、ないぞ!ロードさせてっ

最近の忙しさや、無駄な業務や、生きるに必要ないはずの意味わからん心労とか、なんかもう早く死にたい早く死にたいって前から思ってたけど、ここ最近加速してて、あーーーーはははは 死ぬことよりも、このまま生きてくことのほうが恐怖。

職場の仲のいい子も、死にたいって言ってて、おいおいうちらの置かれてる今の状況やばないって思いました。前からやばいが。
でもその原因となっているものは、うちらが死んでも別になんの影響もないっていうか、そういう人や物事だから、うちらそいつのせいで死ぬのとか悔しすぎるねってことで、積極的に殺そうと思います。生きることで殺す。

春眠

春眠暁をおぼえず!!!!!
しかしこれは春のせいではなくて、ゲームをやめられない自分のせい!!!!

職員の欠員のおかげさまで五~六連勤一日休みという地獄スケジュールの最近なんですけど、仕事終わったら速攻帰って夜中の12時までゲームして、内一時間を食事や家事や風呂にしているので、なんていうか正しい人様の生き方とは異なってます。頭冴えすぎて寝れなくて結局夜中の一時過ぎに寝てるので、なんかもうダメ人間です。しかし嫌いじゃない!


うちのブルース君が可愛くてかっこよくて可愛くて!!
世界救ってんだが、侵略してるんだかわからない状況になってきてます。

バットマンのゲームは終わるのが悲しすぎて毎日ちょこちょこ進めてましたし、ストーリーの区切りがあったので止めやすかったんですけど、このゲームはボリュームヤバすぎるし、区切りがなくどこでも好きなところでセーブしろ進行なので、己の抑制力が試されます。そして抑制されないっていう。ブレーキぶっ壊れた。

そんなこんなでここ最近の記憶はゲームしてましたってことくらいなんですけど、この間、リメンバミー見てきました。あれ、あの巨大猫に羽根はえた精霊?と主人公の男の子が可愛くて、あーー可愛いなぁって思いました。なんだこの小学生みたいな感想文。あと死者の日が日本のお盆と類似してて、どうして世界って類似した文化があるんだろう、人の考えることって同じなのか?って思いました。歌もそうですけど、なぜ世界には歌やメロディやダンスというものが各地で発生したんだろう。交易がなくても各地であるのはなぜだろう。っていう。
つまり、今後世界の各地でぽぽぽって突如新たな文明というか何か事象が発生するかもと思うと楽しみですね。突如みんな二次元の世界に入り込める方法を思い付くとかね。バットマンの世界を安全な場所から見てたい。安全な場所から!大事!

そういえば、海外でやってるバットマン メタルの最新なのかな、画像みてたら、バッツが敵(バットマンとジョーカー混ぜたみたいな奴)の脚を噛んでて、この人はまじで気が強いなって思いました。そのあとまさかのジョーカーさんと共闘してて、激しくギャーーーってなりました。
プリキュアじゃーーーーーん!

あと昨日久しぶりにミット打ちずっとやってたら、今筋肉疲労がやばいです。仕事行きたくねーーーーーメンタルと筋肉がだるい!ダブルパンチ

ジョンブルss パート2


【 あ、 】

世界で一番美しい人は誰か
それは二人の暇つぶしとしてあがった他愛の無い話題だった。
「ママ」
「父さん」
ジョンが驚きに見開いた眼でダミアンを見た。
どこか膨れた面をした年上の友人は、恥ずかしさと苛立ちを醸し出していた。
「なんだよ」
「いや、別に…」
「マザコン野郎に何か言われる筋合いはない」
「う~わっ、なにそれ!カッチーンときた!!普通こういうのは女の人を答えるんだよ!ウェインおじさんは男でしょ!?」
「まじで馬鹿だなお前。“美しい”に性別も人種も生物も有形無形も関係ない。夕陽が綺麗じゃないとでも?」
「うぐっ」



それからというものジョンはブルースを観察し続けた。高級スーツでケント家に来た時のブルース。ウェイン邸に遊びに行った時のトレーニング中のブルース。自警団活動中の闇の騎士の時のブルース。しかし、どれも男らしいとはいえども美しいとは思えなかった。父にその事を話したジョンだったが、クラークの返答は曖昧なものだった。これはダミアンに具体的に聞くしかないと思っていた矢先のことだった。

「ジョン、私に何か用でもあるのか?」
「うぇえ!?」

ジョンの目の前にはカウルを脱ぎ険しい顔立ちを顕わにしたブルースが立っていた。
元より言い訳が苦手なジョンが理由を話せば、ブルースは顔に当てていた手を震わせ、くくくと肩を揺らした。
「それは君が正しい」
ジョンが恐る恐る顔を上げると、堪え切れないという風に顔を綻ばせブルースが笑った。思わずジョンの口から言葉が突いて出た。

「あ、きれい」

クラブるss


【甘えをひく】

身体が裂けても、骨が砕けても、内臓が破裂しても、皮膚が焼け爛れても、『大丈夫だ』としか言わない男が、たったか鼻水が出てノドが痛むだけの風邪で『辛い』と口から漏らした事がおかしくてクラークは笑った。
鋭く睨み返されクラークは咳払いをすると、バットマンでは対応仕切れない速さでもって彼を空中に抱き抱えた。なにをする!と怒鳴る鼻声は籠もっていて「なに聞こえないよ」とクラークは首を振った。
「屋敷で休む?それともうちに来る?」
ブルースのことだ。辛さを家族に見せたくないのもあって、ここにきたのだろうという予想をしていた。小さな頷きを確認し、クラークはメトロポリスへと飛んだ。

カレンダー

03 2018/04 05
S M T W T F S
2 3 4 7
9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 20 21
23 24 25 26 27 28
29 30

フリーエリア

最新CM

[03/03 774]
[02/11 ときや]
[09/30 NONAME]
[06/12 なそに]
[06/08 らいちゃん]

プロフィール

HN:
johnny(ジョニー)
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R